社会福祉法人逗子市社会福祉協議会のホームページ 

はい!逗子社協福祉なんでも相談係です
0120-915-655(フリーアクセス・無料)
nandemo@zushi-shakyo.com
(メールでも受け付けています)

共同募金

・共同募金とは?

共同募金とは、「赤い羽根」をシンボルとした募金です。
地域の福祉活動は、団体による活動やボランティア活動など様々ですが、民間に行われている社会福祉活動を募金にて支援するための寄付を募集するものです。
「赤い羽根」を使うようになったのは、第2回目の共同募金運動からです。
1984年頃、アメリカでも、水鳥の羽根を赤く染めて使っていました。
それにヒントを得て、日本では、不要になった鶏の羽根を使うようになりました。
「赤い羽根」は、寄付をしたことを表す「共同募金」のシンボルとして、幅広く使われています。

機関は10月1日~12月31日です。
運動は、北海道から沖縄まで全国いっせいに行われます。
毎年1回、全国いっせいに募金を行うため、厚生労働大臣の告示によって、募金機関が決められています。
共同募金は、大きくは「赤い羽根共同募金」(10月1日~12月31日)と年末たすけあい募金(12月1日~12月31日)の2つの運動に分けられます。
「赤い羽根共同募金」に寄せられた募金は、県内(逗子市を含む)の社会福祉施設やNPO団体へ配分されます。
「年末たすけあい募金」に寄せられた募金は、逗子市の中で生活支援世帯や福祉団体への活動費など、地域の福祉のために役立てられています。
また、この2つの募金は、募集機関が決まっていますが地震や台風などの災害時には、災害支援金の募集も行うことがあります。

kyoubo

▲ TOPに戻る

・私たちの願い

全国の共同募金会は、共同募金運動を通して、これからの日本に「新しい寄付の文化」を根づかせたいという願いをもっています。
人々が、いつでも、どこでも、自発的に寄付をできるようにし、さわやかな気持ちが持てるような週間を根づかせようという願いです。
その願いをより具体的に、「寄付する人も募る人もボランティア」という言葉で表しています。
共同募金は、1947年の第1回の運動から今日まで、「共同募金運動要綱」に基づいて、全国各地で行われています。

▲ TOPに戻る

・共同募金

都道府県ごとに行われる募金
「共同募金は」各都道府県ごとに行われています。
災害時など例外を除き、集まった寄付金はその県内で使い途が決められます。
つまり、寄付した方々の地域でいきる寄付金です。

民間の社会福祉の資金

「共同募金」は、民間の社会福祉の資金として使われます。広域的には、社会福祉施設や県域で活動している団体などに配分されます。また、市区町村においては、社会福祉協議会や小地域のさまざまな福祉活動団体などに配分されます。
「共同募金」への寄付金によって、民間の社会福祉施設や社会福祉協議会などの社会福祉の団体は、さまざまな活動を行っています。

共同募金は計画募金

共同募金は、事前に地域内の社会福祉施設や社会福祉団体、ボランティア団体等から、活動のための資金ニーズを取りまとめ、使い途の計画を立ててから募金を行う、計画募金です。

配分委員会が配分案を承認します

使いみちの計画や、実際に寄せられた寄付金をどのように役立てていただくかは、公正を期して、県民の代表者(さまざまな分野から参加された方々)からなる委員会(配分委員会)で配分案を承認します。

共同募金のスケジュール

4月・・・民間施設・団体から配分申請書の受付
5月・・・配分申請の内容を審査(配分委員会)
6月・・・配分計画の承認(配分委員会)
7月・・・募金の目標額決定(理事会・評議員会)
8月・・・募金活動の準備
9月・・・厚生労働大臣の告示(募金実施期間)
10月・・・赤い羽根共同募金実施(10月1日~12月31日)
11月
12月・・・歳末たすけあい募金
1月・・・集計
2月・・・配分案の承認(配分委員会において、募金結果に基づいて配分計画を調整)
3月・・・配分決定(理事会・評議員会)

▲ TOPに戻る

・募金の使われ方

「赤い羽根共同募金」と「年末たすけあい募金」、両方とも共同募金ですが、それぞれで使われ方が若干異なります。

赤い羽根共同募金の使われ方
逗子市の「ご家庭から」「学校から」「職場から」「街頭から」集まった赤い羽根共同募金は、神奈川県共同募金会に行き、神奈川県の福祉活動に活用されます。
逗子市では、市内の福祉施設や福祉団体へ配分されました。
●福祉施設や作業所の整備や備品の購入に
●民間で非営利の住宅福祉サービスを行う団体の活動費に
●逗子市社会福祉協議会の事業に
逗子社協で行っている、子育て支援事業、フレンドリーヘルパー事業、障害者支援事業、ボランティア活動事業、福祉情報提供事業などの財源となり、逗子社協の事業を通して地域に還元しています。
●大規模な災害時の復興支援に(災害準備金として)

年末たすけあい募金の使われ方
●逗子市社会福祉協議会の事業に
逗子社協で行っている、子育て支援事業、フレンドリーヘルパー事業、障がい者支援事業、ボランティア活動事業、福祉情報提供事業などの財源となり、逗子社協の事業を通して地域に還元しています。

募金の使い道を詳しく知りたい方は
「共同募金データベース『はねっと』」にアクセスしてください。

神奈川県共同募金逗子市支会
〒249-0005 神奈川県逗子市桜山5-32-1(逗子福祉会館内)
電話:046-873-8011(逗子市社会福祉協議会) FAX:046-872-2519
email:kyoubo@zushi-shakyo.com

▲ TOPに戻る

関連サイト

↑ PAGE TOP