社協ロゴ

社会福祉法人
逗子市社会福祉協議会

研修・学びに関すること

お知らせ

【研修・学びに関すること】

地域支え合い学習会「わたしとあなたの境界線って何だろう? 」

地域支え合い学習会
わたしとあなたの境界線って何だろう?
~畠中さんと考える私たちの逗子(まち)~

内容:ALS(筋萎縮性側索硬化症)発症をポジティブに捉えた講師の語りから
   私たちの逗子(まち)の課題や互いに助け合う地域づくりについて
   考えましょう。
講師:一般財団法人すこやかさゆたかさの未来研究所
   代表理事 畠中一郎 氏
日時:令和6年3月29 日金曜日 10時00分から11時30分
場所:逗子文化プラザ市民交流センター第2 ・3 ・4 会議室
対象:地域住民
定員:50 名(先着順)
締切:令和6年3月26日火曜日
   ※手話通訳・要約筆記をご希望の方は3月14 日木曜日
共催:(福)逗子市社会福祉協議会、
   (一財)すこやかさゆたかさの未来研究所

申込:逗子市社会福祉協議会 電話番号046-873-8011
   または下記のリンク(Googleフォーム)より
   お申込みください。

↓ ↓ ↓

【Googleフォームからのお申込みはこちらをクリック

家族のための介護教室1日目 開催しました

 逗子市から委託を受け今年度開催している「家族のための介護教室」の1日目を、2月10日土曜日に開催しました。テーマは、「オムツの「いろは」を知ろう~オムツの選び方や機能を紹介~」です。

※2月3日に予定していたテーマ「介助の仕方を学ぼう~家庭での介助の工夫を学ぶ~」は、3月23日に延期になりました

 様々な機能のオムツの紹介や、オムツの装着体験等、実際に目で見て体験していただきました。当日は、23名、40歳代~70歳代の方で、現在介護されている方や、今後のために介護の知識をつけたいという方などにご参加いただきました。

<参加者からの声(一部紹介)>
・オムツの種類の多さに驚きました。
・オムツの種類によっての使い方や、オムツを1パック買う前にサイズ合わせをしたい時は、会社に問い合わせをするとサンプルがいただけるということがわかってよかったです。
・説明を受けただけでなく、実際に体験したことは大きな力となりました。
・母の介護でわからないことが多く、不安だったのですが、今回の講座で大変励まされました。

次回は、2月17日に「私の助けになる福祉用具を知ろう~車イスなど実演で紹介~」をテーマに開催します。

 

〈受講者募集〉家族のための介護者教室

今年度も、家庭で介護をしている家族及び介護にご興味のある方に向けての講座「家族のための介護教室」を開催します。 各回のテーマに沿った専門職のお話・実演と、講師と参加者の交流会を行います。ご参加お待ちしています!

(全4回:1回ごとの参加も可能)

★1回目 介助の仕方を学ぼう~家庭での介助の工夫を学ぶ~
日 時 2月3日土曜日 10時~12時

★2回目 オムツの「いろは」を知ろう~オムツの選び方や機能を紹介~
日 時 2月10日土曜日 10時~12時

★3回目 私の助けになる福祉用具を知ろう~車イスなど実演で紹介~
日 時 2月17日土曜日 10時~12時

★4回目 認知症について知ろう~「認知症世界の歩き方」から学ぶ~
日 時 3月2日土曜日 10時~12時

○各 回:先着20名(要予約)
○対 象:ご家族を介護している方、介護に関心のある方
○場 所:逗子市福祉会館2階会議室AB
○講 師:市内・近隣で介護・医療等に従事する方
○締 切:1月25日木曜日まで
(託児・手話通訳・要約筆記希望者は1月18日木曜日まで)
○申 込:電話・FAX・Eメールのいずれかで社会福祉協議会へ
(申込時、参加日・氏名・住所・電話番号をお申し出ください)

*この事業は逗子市からの委託事業です

チラシ表面 チラシ裏面